可愛いネックレスを付けよう|あなたが輝く

さまざまなな長さや素材

いろいろな楽しみ方

アクセサリー

ネックレスとは首のまわりを飾るアクセサリーの総称です。ペンダントという言葉もよく使われますが、ペンダントはネックレスの一種で、チェーンにペンダントトップという装飾品が下がって胸元でV字型になるもののことを言います。ただ、一般にネックレスという言葉を使う場合、ペンダント以外の首飾りを指すものとして使うことが多いようです。また、ネックレスの一種類として、紐状になっていて留め金がないラリエットというものもあります。ネックレスの素材としては、金属や宝石、天然石を使ったものが多いですが、ビーズや皮革、プラスチックを用いたものなど、たいへんさまざまな素材で作られています。とても高価なものから、お手頃価格のものまで価格帯もたいへんバラエティーに富んでいます。ネックレスの長さは代表的な分け方で五種類に分けられます。おおむね短いほどカジュアルな印象、長いほどドレスアップした印象になります。一番短いのがチョーカーと呼ばれるタイプで、長さは約40cm、首回りにわりとこじんまりとまとまるタイプです。プリンセスは約40〜45cm、一般的な服に合わせやすい長さです。マチネーは約50〜55cmで、タートルネックなどに合わせやすく、ちょっとエレガントな雰囲気になります。オペラは約70〜80cm、ゴージャスな感じになりますのでパーティー用の複層などに向いています。ロープは107cm以上、とても存在感があります。二重巻きにして使うこともあります。長さと素材の組み合わせ次第で、さまざまな雰囲気を演出できます。

胸元を華やかに

レディ

ネックレスは胸元を華やかにしてくれるアクセサリーです。上手くコーディネートすることで、大人っぽさを演出することもできます。シンプルなTシャツやニットに大き目なネックレスをするだけで、上品な女性らしいファッションになります。首元まで隠れるような服装の場合はロングネックレスを使い、胸元を開けている服装では直接肌に当たるくらい短めのネックレスがバランスよく見えます。大人の女性がボーイッシュな服装をする時は、華奢なネックレスをすることで子どもっぽくなりすぎないようにできます。男性の場合は、太めのネックレスをしてしまうとゴツくなってしまうので、あえて細目のネックレスを選ぶといいです。金属のチェーンを選ぶよりも革製のものを選んだ方がスポーティな雰囲気になります。男性は、ネックレスをするときは、他にアクセサリーをつけずにシンプルにした方が女性受けもよく、洗練されたファッションを楽しむことができます。逆に女性であれば、ピアスや指輪とのコーディネートを楽しむことができます。どちらにしても、ネックレスは印象が強くなるものなので、ゴテゴテさせすぎないことが重要です。シンプルな服を選ぶときは豪華なもの、柄物の服を選ぶのならシンプルなものを選ぶことをおすすめします。ネックレスはオシャレを楽しむ必需品ですが、金属を使ったものが多いので金属アレルギーに悩む人も多いのも確かです。金属アレルギーを発症しにくいプラチナのものを選ぶか、革や布製のものを選ぶようにします。金属アレルギーでないにしても、汗がつくと肌が荒れてしまう原因になるので、こまめに汗を拭くことも大切です。

フォーマルかカジュアルか

ジュエリー

ネックレスはさまざまな長さや材質、デザインといったものあり、どれを選ぼうか迷うものです。基本的に5つの長さがあります。例えば、短いチョーカータイプはフォーマルにもカジュアルにも、そして誰にでも似合う一般的なネックレスです。また、小柄な方は特に選ぶべきアクセサリーです。トップに小さな宝石などをつければ、豪華で上品な印象を演出できます。さらに、プリンセスタイプのネックレスはチョーカータイプよりも首回りに余裕があるので、ラインがきれいに見えます。首が太くて短い人にもよく似合う、ドレス向きのネックレスです。他にも、ワンピースやハイネックにぴったりの55センチ前後の長さがある、マチネタイプのネックレスもあります。先端が胸元にくるので、大きめのペンダントトップを組み合わせることで上品なカジュアルが演出できます。長さ80センチ前後のオペラタイプのネックレスは、その名の通りパーティなどフォーマルな集まりにピッタリです。ドレス向きのアクセサリーで、女性の胸まわりを華やかに飾ってくれます。ロープタイプはもっとも長いネックレスで、二重三重に巻いて使えばさまざまな長さになる、いくつもの顔を持つファッションアイテムです。フォーマルなシーンにはもちろん、意外とカジュアルな場面でも活躍してくれます。ネックレスは首だけでなく、腕や髪に巻いたりバッグにつけたりと、さまざまな使い方ができるマルチアクセサリーです。また素材も、真珠や宝石などの石、プラスチックや金属などいろいろあり、デザインも豊富です。そのため、服装やシーンに合わせて工夫をすれば、無限の使い道があります。ネックレスは、自分の首の太さや背丈、体型、肌の色なども考慮して選びます。ネックレスの色はつけているファンデーションと同系のカラーがよいとされています。